生田斗真が演じる水道局員が現代の闇をえぐる 白石和彌・初プロデュースの映画『渇水』

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小
映画『渇水』/監督:髙橋正弥/脚本:及川章太郎/音楽:向井秀徳/出演:生田斗真、門脇 麦、磯村勇斗、山﨑七海、柚穂、宮藤官九郎、尾野真千子ほか/上映時間:100分/6月2日全国公開 ©「渇水」製作委員会

第103回芥川賞候補となった『渇水』(河林満著)を原作にする本作は、日本映画界を代表する気鋭の映画監督・白石和彌が初めてプロデュースを手がけ、生田斗真、磯村勇斗、門脇麦、尾野真千子ら実力派俳優が集結したヒューマンドラマ。

生活の中に当たり前にある水道水がある日突然止められる。人間関係が希薄な社会でライフラインを失って貧困に陥る母子家庭の2人の娘と、法に基づいて停水を執行した局員の人間模様から、現代社会の気づかれにくい闇の一部に光を当てる。その中では、家庭や社会の強者と弱者の存在と、思うようにいかない自分自身の人生への苦しみや葛藤を通して、“人が生きる姿”を生々しく映し出す。

主人公は水道局員

次ページ生田斗真は複雑に揺れる心の内を繊細に表現
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内