有料会員限定

生成AIが「監視資本主義」を一段と加速させる必然 検索サービスとの融合で個人情報はどうなる?

✎ 1〜 ✎ 213 ✎ 214 ✎ 215 ✎ 最新
拡大
縮小
インターネットのイメージ画像
(写真:Chona Kasinger/Bloomberg)

昨年末、米グーグルのサンダー・ピチャイCEO(最高経営責任者)が生成AI(人工知能)「ChatGPT」の脅威を受けて社内に非常事態宣言を出した。

グーグルの非常事態宣言では、2000年代初頭のITバブル崩壊後に創業者らが出したものが業界内では有名だ。それ以前のグーグルは検索の技術力では1番でもビジネスは下手というのが定評だった。創業者が広告ビジネスを見下していたため、米ヤフーなどに検索エンジンをライセンスする程度の収益力しかなかった。

そこを襲ったのがITバブル崩壊だ。ベンチャーキャピタルは急速に資金を引き揚げ、IT業界は信用収縮に見舞われる。恐怖におびえたグーグル創業者は、毛嫌いしていた広告ビジネスへ舵を切ることを決断する。

次ページ監視資本主義の進化を左右するのは「情報」
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内