シングル母も共働きも陥る「時間貧困」問題

子どものことが見えなくなる

帰宅が遅くなり「ゴメン!」と走ってくる姿から、子どもは親の愛情を吸収する、と富田さん。話を聞く余裕がないときも素直に「ごめん」と謝って、本当は向き合いたいと思っていることを伝え、向き合おうと努力しているところを見せればいい。

「短時間でいいから、本音の温かい会話をすることで、親子の関係は深まるはずです」

【時間がないことで子育てがすさんでしまう…… ワーキングマザーたちの声】
「月曜までに学校に提出しなくてはいけないものを、金曜日のプリントで知らされるのは困る! いつでも対応できる母親ばかりだと思わないでほしい」東京都・52歳(長女12歳、次女7歳)
「学校行事にほとんど出られずママ友をつくることができないため、学校の情報が入ってこない。楽しく豊かな子育てとはほど遠い」神奈川県・35歳(長男7歳)
「放課後の子どもの様子が分からない。実は危ない目にあっているのではないかと不安になることがある」埼玉県・46歳(長男15歳、長女10歳)
「仕事をがんばると、育児をする元気がなくなる。子どもがわがままを言ったりじゃれてきたりすると、面倒で邪険に扱ってしまう」東京都・30歳(長女1歳)
「長男が小学生時代にいじめに悩んでいたことを知ったのは中学生になってから。次男が部活で悩みを抱え練習に行っていないことも、しばらくして近所のお母さんから知らされた」オーストリア・49歳(長男21歳、次男19歳)
「保育園に置いておく服にまで気が回らず、長男は冬も夏物を重ね着させてもらっていた。下着は2歳のときに用意したものを5歳まではかせたし…」埼玉県・44歳(長男9歳)

(ライター:松田慶子)

※AERA 2015年4月20日号

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT