有料会員限定

中学受験で英語を選ぶ子どもが享受するメリット 首都圏中心に英語入試導入の動きが広がる

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 5
拡大
縮小

過熱する首都圏の中学受験。その中で、「英語入試」は新たなチャンスとなっている。

英語インタビュー型入試の様子
日本大学豊山女子中の英語インタビュー型入試

特集「子どもに学ばせたい英語」の他の記事を読む

3月27日発売の『週刊東洋経済』では、「中学レベルから学び直す40~50代の英語術」と「子どもに学ばせたい英語」を特集(アマゾンでの購入はこちらから)。勉強計画や理解を早める法則など、幅広く紹介している。この記事は本特集内にも収録しています。
週刊東洋経済 2023年4/1号[雑誌](中学レベルから学び直す40〜50代の英語術)
『週刊東洋経済 2023年4/1号』の第1特集は「中学レベルから学び直す40〜50代の英語術」。アマゾンでの購入はこちらから

首都圏模試センターの調べでは、2023年度入試で一般入試に英語を導入した首都圏の国立・私立中学校は141校。22年度の146校までは右肩上がりに増えてきたが、英語入試を取りやめた学校もある。

その理由について同センター教育研究所長の北一成氏は「英語入試は作問や採点に手間がかかる。志望者の増加で、従来の2科・4科入試だけでも優秀な生徒を確保できるからでは」と話す。

20年度から小学校では英語が教科化した。全員が学校の授業で学ぶことを前提に、英語を受験者全員に課す入試は江戸川学園取手中(茨城県取手市)が昨年から実施している。5科目型(国・算・理・社・英)、適性型で出題する英語は、小学校の教科書の範囲内でリスニングのみ。

大手を振って英語入試ができる

23年度の入試要項には「小学校の授業を重視して学習に取り組んでいるかを試す」とある。北氏は「教科化で、いうなれば大手を振って英語入試ができる状況になった」として、同中に追随する学校が今後、出てくるとみている。

次ページ多様な生徒を獲得できるメリット
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内