歌謡曲 時代を彩った歌たち 高護著

歌謡曲 時代を彩った歌たち 高護著

日本のポピュラー音楽の中心として独自の発展を遂げてきた歌謡曲の名曲を取り上げ、その魅力を探る。

「昭和歌謡」と呼ばれ見直されている、1960~80年代までの30年間の作品を中心に編まれていて、主要曲は、個々の歌手・作詞家・作曲家・編曲家などを詳細に解説している。

日本の大衆音楽で最も大きなムーブメントといわれるGSブームから始まり、自作自演が前提のニューミュージックが誕生した70年代、松田聖子、中森明菜などのアイドルが全盛期を迎えた80年代。そして、現在につながるコンピュータ音楽とダンスミュージックの萌芽まで、歌謡曲の変遷を俯瞰的に眺めていて、もう一つの昭和史とも読める。

岩波新書 840円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT