歌謡曲 時代を彩った歌たち 高護著

歌謡曲 時代を彩った歌たち 高護著

日本のポピュラー音楽の中心として独自の発展を遂げてきた歌謡曲の名曲を取り上げ、その魅力を探る。

「昭和歌謡」と呼ばれ見直されている、1960~80年代までの30年間の作品を中心に編まれていて、主要曲は、個々の歌手・作詞家・作曲家・編曲家などを詳細に解説している。

日本の大衆音楽で最も大きなムーブメントといわれるGSブームから始まり、自作自演が前提のニューミュージックが誕生した70年代、松田聖子、中森明菜などのアイドルが全盛期を迎えた80年代。そして、現在につながるコンピュータ音楽とダンスミュージックの萌芽まで、歌謡曲の変遷を俯瞰的に眺めていて、もう一つの昭和史とも読める。

岩波新書 840円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT