歌謡曲 時代を彩った歌たち 高護著

歌謡曲 時代を彩った歌たち 高護著

日本のポピュラー音楽の中心として独自の発展を遂げてきた歌謡曲の名曲を取り上げ、その魅力を探る。

「昭和歌謡」と呼ばれ見直されている、1960~80年代までの30年間の作品を中心に編まれていて、主要曲は、個々の歌手・作詞家・作曲家・編曲家などを詳細に解説している。

日本の大衆音楽で最も大きなムーブメントといわれるGSブームから始まり、自作自演が前提のニューミュージックが誕生した70年代、松田聖子、中森明菜などのアイドルが全盛期を迎えた80年代。そして、現在につながるコンピュータ音楽とダンスミュージックの萌芽まで、歌謡曲の変遷を俯瞰的に眺めていて、もう一つの昭和史とも読める。

岩波新書 840円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT