一億総うつ社会 片田珠美著

一億総うつ社会 片田珠美著

うつが激増している。その背景には診断マニュアルの改訂による「うつ」概念の拡大や投与しやすい新しい抗うつ薬の登場があるが、同時に「新型うつ」と呼ばれる従来とは異なるタイプの増加が見逃せないと精神科医である著者は指摘する。

新型うつは自分の病気を他人や会社など周囲のせいにする「他質的」な傾向が顕著だという。クレーマーやモンスターペアレントと呼ばれる人にも共通して見られる傾向であり、その意味で新型うつは世相を如実に反映しているともいえる。過剰なまでの自己愛とそれを許す社会の変容、誰もがうつになってもおかしくない「一億総うつ社会」の様相を呈する現在の日本社会に対し、処方箋を提示する。

ちくま新書 777円

  

関連記事
トピックボードAD
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 中原圭介の未来予想図
  • トクを積む習慣
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「脱ファッション」が進む<br>渋谷の街の最前線

渋カジ、コギャルなど若者ファッションの聖地だった渋谷。ここが100年に1度の大規模再開発で、オフィスや飲食店が増えアパレル店舗が減少しているのだ。来年エンタメビルとして生まれ変わるSHIBUYA109など、変わりゆく街の今を追う。