一億総うつ社会 片田珠美著

一億総うつ社会 片田珠美著

うつが激増している。その背景には診断マニュアルの改訂による「うつ」概念の拡大や投与しやすい新しい抗うつ薬の登場があるが、同時に「新型うつ」と呼ばれる従来とは異なるタイプの増加が見逃せないと精神科医である著者は指摘する。

新型うつは自分の病気を他人や会社など周囲のせいにする「他質的」な傾向が顕著だという。クレーマーやモンスターペアレントと呼ばれる人にも共通して見られる傾向であり、その意味で新型うつは世相を如実に反映しているともいえる。過剰なまでの自己愛とそれを許す社会の変容、誰もがうつになってもおかしくない「一億総うつ社会」の様相を呈する現在の日本社会に対し、処方箋を提示する。

ちくま新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT