太陽誘電は福島・伊達市の光ディスク工場が操業停止状態、設備・建物が一部損壊【震災関連速報】

太陽誘電は福島・伊達市の光ディスク工場が操業停止状態、設備・建物が一部損壊【震災関連速報】

携帯電話やパソコンなどのデジタル家電に用いられるコンデンサーメーカーの太陽誘電は、11日に発生した東日本巨大地震の影響を受けて、子会社のザッツ福島(福島県伊達市梁川町やながわ工業団地)の操業停止が続いている。

ザッツ福島では、DVDやブルーレイディスクなど光ディスクの製造を行っている。今回の地震の影響で一部設備および建物が損壊。また、電気やガス等の供給停止が続いているため、現在操業を停止している。会社側は操業再開の見通しについて、明らかにしていない。その他の生産拠点については、地震発生後、一時生産を停止していたが、安全確認の後、順次生産を再開している。

現在、会社側は危機管理マニュアルに基づきリスク対策委員会を設置。情報収集および対策を進め今後の復旧の見通しを探っている。

(伊藤 崇浩 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT