有料会員限定

「伝説の元FRB議長」、ポール・ボルカー氏の警告 インフレファイターが語る公的機関の信頼危機

印刷
A
A
インフレファイターとして知られるボルカー氏は、1970、80年代の高インフレを克服(写真:AP/アフロ)

米国が1980年代初頭以来の高インフレに直面する中で、当時のFRB(米連邦準備制度理事会)議長だった故ポール・ボルカー氏の功績が改めて注目されている。同氏が進めた果敢な利上げは、景気後退を伴いつつも、米国がインフレ退治に成功した事例として記憶されている。

そのボルカー氏が、公的機関の改革をライフワークとしていたことは忘れられがちだ。1987年にFRB議長を退任した同氏は、公的機関の改革に関する有識者委員会の代表を2度にわたって務めている。2018年刊行の回顧録でも、後世に伝えたい3原則として、「物価の安定」「健全な金融」と並び、「よき政府」を挙げている。

公的機関に対する信頼回復の必要性

ボルカー氏は、米国の美徳である民主主義と法の支配を支える基盤として、公的機関に対する信頼の回復の必要性を提唱し続けていた。公的機関への信頼があってこそ、国民は民主主義や法の支配を尊重する。ボルカー氏の懸念は、公的機関の機能が低下し、国民の信頼を失いつつある点にあった。

次ページボルカー氏が懸念する公的機関の問題
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内