有料会員限定

次は無料の料理宅配、拡大するアマゾン経済圏 天才型のアップルに対しアマゾンは秀才型だ

✎ 1〜 ✎ 229 ✎ 230 ✎ 231 ✎ 最新
拡大
縮小
新型コロナ禍の在宅勤務でフードデリバリー市場は急拡大した(写真:AP/アフロ)

米ネット通販最大手アマゾン・ドット・コムが無料の料理宅配を米国で始める。有料会員制サービス「アマゾンプライム」の加入者に1年間無料でフードデリバリーを提供、プライムサービスを拡充する考えだ。新型コロナ禍で拡大した同市場の競争が、アマゾンの参入によって激化していくことは間違いない。

7月6日、アマゾンがグラブハブの株式を2%取得することが明らかになった。同社はオランダのジャスト・イート・テイクアウェー・ドットコムの傘下にあるフードデリバリー企業だ。日本での知名度は低いが、米国内ではドアダッシュ、ウーバー・テクノロジーズが手がけるウーバーイーツに次いで業界3位に位置している。米国内に約1億5000万人いるとされるプライム会員にリーチできることは、グラブハブにとって大きな魅力だろう。

次ページエコシステム拡大の目的
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内