評伝 若泉敬 愛国の密使 森田吉彦著

評伝 若泉敬 愛国の密使 森田吉彦著

時の総理・佐藤栄作の「志」を受け、沖縄返還実現のために奔走、アメリカとの間で「密約」を結んだ密使として知られる国際政治学者・若泉敬が主人公。

彼は、1969年の佐藤・ニクソン会談の共同声明の裏で、有事の際の沖縄への核持ち込みを日本が事実上認める密約があったことを暴露している。敗戦の代償として奪われた領土を外交交渉で取り返すには代償が必要だと考えた若泉は、「核の密約」と「縄と糸」(アメリカの繊維産業を守るための、日本製繊維製品の輸出規制)を選択した。

豊富な史料と新たな証言によって、密約を生涯後悔したと伝えられる若泉の生涯と、日米関係、極東アジアの中での日本の姿を論じている。

文春新書 945円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT