評伝 若泉敬 愛国の密使 森田吉彦著

評伝 若泉敬 愛国の密使 森田吉彦著

時の総理・佐藤栄作の「志」を受け、沖縄返還実現のために奔走、アメリカとの間で「密約」を結んだ密使として知られる国際政治学者・若泉敬が主人公。

彼は、1969年の佐藤・ニクソン会談の共同声明の裏で、有事の際の沖縄への核持ち込みを日本が事実上認める密約があったことを暴露している。敗戦の代償として奪われた領土を外交交渉で取り返すには代償が必要だと考えた若泉は、「核の密約」と「縄と糸」(アメリカの繊維産業を守るための、日本製繊維製品の輸出規制)を選択した。

豊富な史料と新たな証言によって、密約を生涯後悔したと伝えられる若泉の生涯と、日米関係、極東アジアの中での日本の姿を論じている。

文春新書 945円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?