「他撮りアプリ」が10代米国人の心を捉えるワケ アンチセルフィーがコンセプトの「Poparazzi」

印刷
A
A
10代に支持されているアプリ「Poparazzi(ポパラッチ)」とは?(写真:Syda Productions/PIXTA)

自分のプロフィールを埋める写真は友達が撮影した自分。リアルな友達がいなければ投稿はゼロ――、そんなアプリがアメリカの10代に人気を博している。

「Poparazzi(ポパラッチ)」はアメリカのスタートアップTTYLが開発したアプリ。2021年5月24日にリリースされ、その約1年後である2022年6月1日にはダウンロード数が500万回を超え、共有された画像や動画は1億枚以上となった(出典:公式ブログ)。

注目すべきは、そのユーザー層だ。アクティブユーザーの95%が21歳未満とほとんどが10代で、その75%以上が14~18歳。日本でいえば、高校生ぐらいの若者から支持されている。

コンセプトは「アンチセルフィー」

Poparazziのコンセプトは「アンチセルフィー」。アプリ名はセレブを追いかけ回して写真を撮る「パパラッチ」をもじって名付けられた。SNSで映えるために自撮りをしたり、とうとうと自慢を書き連ねることはできない。他人が撮影した写真や動画だけが自分のプロフィールに表示されていく。そこには、ありのままの自分が浮かび上がる。

公式ブログによると、自分で自分の写真を投稿できないため、一緒にいる人を重視するようになるアプリだという。Poparazziは、友達を撮影しなければ何も投稿できない。そのため、友達の一挙手一投足が気になり、一瞬を逃さず撮影するようになる。食べ物をこぼした瞬間の驚きの表情、自分を見るときのほほ笑み、旅行先でふざける姿など、いつも自分が見ている友達をPoparazziに残していく。

次ページ「リア充」のアプリ
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT