有料会員限定

現代社会のタブー、後悔する母親という「脅威」 苦悩する女性たち、社会が沈黙を促進している

印刷
A
A
母親になって後悔してる(オルナ・ドーナト 著/鹿田昌美 訳/新潮社 /2200円/320ページ)
[著者プロフィル] Orna Donath/イスラエルの社会学者(博士)、社会活動家。2011年、親になる願望を持たないユダヤ系イスラエル人の男女を研究した初の著書を発表。2冊目の本書は、16年に刊行されるとヨーロッパを中心に大きな反響を巻き起こした。

本書は、イスラエルの社会学者、オルナ・ドーナトが2008〜13年に行ったインタビュー調査が下敷きとなっている。彼女は「親になりたくない」という願望を抱くイスラエル人の男女に関する調査の後、この「母になったことを後悔する女性たち」の研究を開始したという。

著者の問題関心は、母になった女性たちが多様な葛藤を抱いていながらも、その表明が社会的に許されないという現状に依拠している。母であることへの後悔は、現代社会において根深いタブーである。その言葉から私たちが想起するのは、ネグレクトや虐待など、親としての適格性や母親自身の責任能力に疑義を生じさせる事象だからだ。

母であることが至上の価値という重荷

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内