SMBC日興、相場操縦事件に透ける親会社への忖度 トヨタグループの関連銘柄で不正取引の疑い

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4
拡大
縮小

SMBC日興証券が引き起こした前代未聞の相場操縦事件。その対象にトヨタ自動車の関連銘柄が入っていることが、金融業界で波紋を広げている。

3月24日の記者会見で相場操縦事件について陳謝するSMBC日興証券の経営陣(撮影:尾形文繁)

「持ち株会社としての責任をどう考えているのか。グループのトップまで処分されたみずほの二の舞にならないように、あくまで証券単独の問題と整理して責任を逃れようとしているのでは」――。

SMBC日興証券の相場操縦事件をめぐって、証券業界の幹部らの間では今、親会社の三井住友フィナンシャルグループの責任を問う声が日増しに大きくなっている。

社内で幅を利かせる銀行出身者

それは、相場操縦の容疑で東京地検特捜部が起訴した同社の元副社長をはじめ、三井住友銀行の出身者の多くが歴代の経営陣に名を連ねていたからというだけではない。

SMBC日興が、大株主の保有株を買い取って投資家に転売する「ブロックオファー」取引に絡んで、違法に買い支えたとみられる銘柄の中に、三井住友FGの最重要取引先であるトヨタ自動車の関連銘柄が入っていたからだ。

次ページ売却をSMBC日興に依頼した企業は?
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内