SMBC日興、相場操縦事件に透ける親会社への忖度 トヨタグループの関連銘柄で不正取引の疑い

印刷
A
A

SMBC日興証券が引き起こした前代未聞の相場操縦事件。その対象にトヨタ自動車の関連銘柄が入っていることが、金融業界で波紋を広げている。

3月24日の記者会見で相場操縦事件について陳謝するSMBC日興証券の経営陣(撮影:尾形文繁)

「持ち株会社としての責任をどう考えているのか。グループのトップまで処分されたみずほの二の舞にならないように、あくまで証券単独の問題と整理して責任を逃れようとしているのでは」――。

SMBC日興証券の相場操縦事件をめぐって、証券業界の幹部らの間では今、親会社の三井住友フィナンシャルグループの責任を問う声が日増しに大きくなっている。

社内で幅を利かせる銀行出身者

それは、相場操縦の容疑で東京地検特捜部が起訴した同社の元副社長をはじめ、三井住友銀行の出身者の多くが歴代の経営陣に名を連ねていたからというだけではない。

SMBC日興が、大株主の保有株を買い取って投資家に転売する「ブロックオファー」取引に絡んで、違法に買い支えたとみられる銘柄の中に、三井住友FGの最重要取引先であるトヨタ自動車の関連銘柄が入っていたからだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内