有料会員限定

四半期開示はプラスのほうが大きい 投資家からの健全なプレッシャー

✎ 1〜 ✎ 352 ✎ 353 ✎ 354 ✎ 355
拡大
縮小

岸田文雄首相が掲げる「新しい資本主義」の1つに、上場企業の四半期業績開示の見直しがある。四半期開示が企業の短期志向を助長するとして開示義務の廃止を打ち出しているのだ。

今のところ、情報開示の後退は投資家の反発を招くとして反対論が優勢だ。少数異見なら、賛成論=廃止論を展開すべきだろうが、やはり筆者も反対である。

筆者には自ら創業して上場させた経営者の友人が何人もいる。彼らは数年〜数十年という時間軸で経営を考えている。そのことは四半期開示でも、1年ごとの開示でも変わらない。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内