有料会員限定

『mRNAワクチンの衝撃 コロナ制圧と医療の未来』 なぜ88日で開発できたのか 新奇なものは傍流から

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小
mRNAワクチンの衝撃 コロナ制圧と医療の未来(ジョー・ミラー、エズレム・テュレジ、ウール・シャヒン 著/柴田さとみ、山田 文、山田美明 訳/早川書房/2530円/432ページ)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。
[Profile]Joe Miller 英フィナンシャル・タイムズ紙記者。
Özlem Türeci 独ビオンテック社最高医療責任者。
Uğur Şahin 独ビオンテック社最高経営責任者。

本稿執筆時点で、世界の新型コロナワクチン接種は104億回を超えた。このかつてないスピードで接種されたワクチンの開発と生産の多くを担ったのは、ビオンテック社という、パンデミック前までほとんど無名だったバイオベンチャー企業だ。

本書は、新聞記者が同社創業者夫妻、エズレム・テュレジとウール・シャヒンや、多くの関係者にインタビューを重ねて書き上げたものだ。

それまでがん治療法の開発を主業務としていた同社が、いかにしてプロジェクト開始から臨床試験入りまでわずか88日という奇跡的なスピードでのワクチン開発を成し遂げたのか、その秘密が余すところなくつづられている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内