有料会員限定

猛烈にEVシフトを進める中国 2021年の販売台数は291万台で前年比2.6倍

印刷
A
A

2021年の中国のEV販売は前年比2.6倍。変貌する市場に対し、日本企業に策はあるか。

2021年の上海モーターショー。1台50万円で手に入る小型EVが人気だ(Featurechina/アフロ)

中国ではバッテリー駆動式電気自動車(EV)の普及が著しい。2021年の販売台数は291万台で前年比2.6倍となった。プラグインハイブリッドを含まないバッテリー駆動式電気自動車に限れば、世界の半分以上が中国で売れたことになる。

中国にとってEVの普及は国策であり悲願でもあった。販売台数の大半を占めるガソリン車は、日本や欧米の自動車メーカーとの合弁企業が優位だ。内燃機関を含むサプライチェーン全体で力量の差があるのだ。

中国政府はEVが外資優勢の中国自動車市場のゲームチェンジャーになりうると期待し、関連企業に多額の補助金を支給してきた。補助金の助けもあって、BYD(比亜迪)をはじめ中国地場メーカーはEVに注力し、販売台数は20年に100万台を超えた。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内