ホームセンター「出店競争」の知られざる白熱 業界再編はまだまだ続く

印刷
A
A

ホームセンターの巨人が傘下に収める東急ハンズ。首都圏を中心に86店を展開し、百貨店内など一等地に店舗を構え、化粧品や文具など多様な雑貨を取り扱う。一方、北関東地盤のカインズは郊外に大型店を構える(28都道府県で227店)。売り上げに占めるプライベートブランド商品の比率が4割と高く、おしゃれな生活雑貨を豊富にそろえる。カインズの高家正行社長は今回の買収について、「相互補完関係が非常にある」と言う。

直近の売上高はカインズの4854億円に対し、ホームセンター業界2位のDCMホールディングスは4711億円と僅差だったが、東急ハンズ(売上高619億円)買収で両社の差が鮮明となる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
生保レディ、昇格しても固定給が下がる理不尽
生保レディ、昇格しても固定給が下がる理不尽
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内