有料会員限定

JLPGAツアーシーズン総振り返り 小祝さくらプロなど52大会すべて出場した選手も

印刷
A
A
(イラスト:ソリマチアキラ)

謹賀新年。毎年若い力が台頭し、切磋琢磨しながらたくさんの選手が活躍し、2022年もわくわくで楽しみがいっぱいです。

20-21JLPGAツアーでは、2年を統合して1つのシーズンとし、20年は14大会、21年は38大会の合計52大会の長丁場を戦いました。ツアーを振り返ると、賞金女王は22歳稲見萌寧プロ。9勝を挙げて、2020東京オリンピック銀メダリストに輝きました。獲得賞金は史上最高の2億5519万2049円。ストイックにゴルフに打ち込む姿勢は頭が下がります。一方、年間最優秀選手を決めるメルセデスランキング1位は、6勝の21歳古江彩佳プロ。安定感あるゴルフは群を抜き、精神的な芯の強さと秘めた闘志を感じます。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内