有料会員限定

エキサイティングな試合の原点は練習日 笑顔の練習ラウンドの中にも鋭さ

印刷
A
A
(イラスト:ソリマチアキラ)

今年ももう1年が過ぎようとしています。どの職種の方々もコロナ禍でご苦労が多かったに違いありませんが、プロゴルフ界も同じでした。試合数は十分でなく、観客数にも制限がありました。

戦う選手たちのモチベーションに多少の不安を持ったのも事実ですが、それは心配無用でした。4月から日本国内男子プロゴルフトーナメントが開催されると、どの試合もエキサイティングなものばかり。若手選手も頑張りましたが、中堅ベテランがそうはさせませんとばかりに活躍しました。

最近では11月11日から開催された三井住友VISA太平洋マスターズがいい例です。大会最終日、最終組は谷原秀人42歳、金谷拓実23歳、そして幡地隆寛28歳、3選手ともに広島県出身、東北福祉大学を卒業しています。これだけでもとても珍しい感動的なドラマです。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内