出版社とIT企業の思惑 沸騰する漫画アプリ市場

印刷
A
A

競争か共存か? 急成長市場で各社の思惑が激しく交錯している。

写真:右肩上がりの漫画アプリ市場。出版社やIT企業による覇権争いで、勝ち残るのはどこか

今、漫画市場が熱い──。出版科学研究所の調査によれば、コミックの販売額は1995年の5864億円をピークに下降の一途をたどってきた。だが、2020年は『鬼滅の刃』の驚異的大ヒットもあり、6126億円までV字回復するなど、78年の統計開始以来最大の規模となった。

コミック誌が伸び悩む中、市場を牽引するのが電子コミックだ。中でも、ひときわ存在感を増しているのが「漫画アプリ」である。

通常の電子書籍は、出版社から電子書籍取次を経由して、コミックの単行本や週刊誌などを販売する。一方、漫画アプリは広告動画の視聴で漫画を無料で提供する、単行本ではなく1話当たりで漫画を販売する、有料の読み放題サービスなど、幅広い購読形態を展開できるという特長がある。

ある電子取次幹部は「(電子コミック市場の)30〜40%程度は漫画アプリとみている」と語る。少なくとも足元では1000億円の市場が漫画アプリに存在する計算になる。

特集「出版社とIT企業の思惑」の他の記事を読む

大手出版でアプリ乱立も

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
生保レディ、昇格しても固定給が下がる理不尽
生保レディ、昇格しても固定給が下がる理不尽
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内