有料会員限定

落札額75億円!アート界を揺るがした「NFT」 暗号資産長者のマネーが価格の急騰を演出か

印刷
A
A

2021年にたちまち脚光を浴びることになった「NFT」。その特性や仕組みを解説。

SBIアートオークションが開いた「NFTデジタルアート」のオークション(記者撮影)

特集「再燃 暗号資産」の他の記事を読む

「オンラインのお客さまはいかがでしょう。会場のお客さまはよろしいですか。そろそろハンマーを打ちます。730万円、730万円で620番。それではこちらで落札します」

10月30日土曜日の昼下がり。都内のアートオークション会場にはオークショニア(競売人)の声が鳴り響いていた。

落札されたのは、アーティストで東京藝術大学の准教授も務めるスプツニ子!さんの映像を中心としたアート作品。競売は290万円から始まっただけに、落札時には会場から拍手が起きた。

2021年に脚光を浴びた「NFTアート」

スプツニ子!さんの作品を含めて8点の「NFTアート」がこの日の競売にかけられた。オークションは、総合金融業を展開するSBIグループ傘下のSBIアートオークションが開いた。

「非代替性トークン」と訳されるNFT(Non Fungible Token)とは、平たくいうと電子証明書だ。暗号資産にも使われている改ざんが難しいブロックチェーン技術を使って、アート作品の作者の情報などを記載する。その作品が唯一無二の物であることを証明する。

このNFTとアート作品をセットにしたNFTアートは、2021年に入り高額の値がついたことで一躍脚光を浴びた。その象徴がビープルというアーティスト名で活動する作家の作品だ。2021年3月、イギリスのオークション大手・クリスティーズに100ドル(約1万円)で出品され、6934万ドル(約75億円)で落札されたのだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内