脱プラが追い風、「アルミの飲料容器」広がる可能性 G7サミットでもボトル缶で飲料水を提供

印刷
A
A

プラスチック問題でペットボトルに吹く逆風を商機にしようと、アルミ業界が勢いづいている。ただ、その行く手にはいくつかの壁も立ち塞がっている。

無印良品は飲料容器をペットボトルからアルミ製ボトル缶に切り替えた(写真:良品計画)

特集「ペットボトルvsアルミ缶」の他の記事を読む

「#自販機の脱プラ」「#アルミボトル缶」「#循環型社会への貢献」「#水平リサイクル」――。

日本アルミニウム協会の公式ツイッターでは最近、このようなハッシュタグを付けて、環境面でのアルミ缶の優位性をアピールする投稿を盛んにしている。

7月にはアルミ缶の2020年度の水平リサイクル率を3択クイズ形式で出題し、正解者の中から抽選で20人にアルミ製ボトル缶入りの水を1ケースプレゼントするキャンペーンも行った。水平リサイクル率とは、使用済みの製品を資源に戻して、再び同じ製品を作り出す割合のことを指す。

問題の正解は70%。これに対しペットボトルは、PETボトルリサイクル推進協議会が公表する最新数値の2019年度で12.5%にとどまる。もっとも同協議会の主張によれば、同じ条件で計算するとアルミの水平リサイクル率は48%という。ただ、いずれにしても大きな開きがある。アルミ側とすれば環境意識が高まる一方の中で、この水平リサイクル率のリードは大きな強みだ。

広まるアルミ缶ボトル

実際、環境への配慮からペットボトルの使用をやめてアルミ缶にシフトする動きが国内外で出てきている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内