日立造船、株価急騰した「全固体電池」への不安 造船事業を分離、社名変更も焦眉の急に

印刷
A
A

次世代バッテリーとして期待される全固体電池の開発期待から、日立造船の株価が急騰した。日立グループでもなく、造船業も営んでいない不思議な社名を持つ同社の実力とは。

造船業をやめた日立造船だが、今でも水門扉などを製造している(記者撮影)

特集「悩める日立造船」の他の記事を読む

2021年3月4日。日立造船の株価が一時、前日終値比で150円高となる920円をつけ、ストップ高となった。

投資家が材料視したのは、前日に東京ビッグサイトで開催されたバッテリー関連の展示会に出展した次世代バッテリーだった。

「全固体電池、容量7倍 日立造船が世界最大級」

4日付新聞の朝刊でこう報じられ、株価が沸騰したのだ。日立造船の従来品の7倍の容量を持つ全固体電池を開発し、記事では「2025年をメドに容量を数倍に増やす目標」とも記された。

日立グループでも、造船業でもない

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内