有料会員限定

使えるネット証券の選び方 投資に向けてまずは口座を開こう

印刷
A
A

取扱銘柄数や手数料、サービスなどに違いがある。

米国では手数料無料のアプリ「ロビンフッド」が若者に人気(Amy Lombard/The New York Times)

特集「まだ間に合う米国株超入門」の他の記事を読む

米国株への投資を考えているものの、言語や時差の壁から取引に不安を覚える人もいるだろう。だがインターネット証券を利用すると、米国の株式市場に上場する個別株やETF(上場投資信託)へも日本語で手軽に、低コストで投資できる。8月時点では、SBI証券や楽天証券、マネックス証券、欧州銀行系のサクソバンク証券のほか、DMM.com証券、PayPay証券などで米国株への投資が可能だ。松井証券も2022年2月から米国株の取り扱いを始める予定だ。米国株の取扱銘柄数が多い、SBI、楽天、マネックス、サクソバンク4社の特徴を比べてみた。

まず米国株を取引するには、証券総合口座に加えて外国株式取引口座を開設することが必要だ。ただし、SBIや楽天などでは総合口座を開けば、自動で外国株の取引口座も開設される。

税務申告が不要となる特定口座については、SBI、楽天、マネックスの3社が利用できる。一方、サクソバンクは利用できないので注意が必要だ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
まだ間に合う米国株超入門
エピローグ|米国経済の未来と株価
ランキングで見るお宝銘柄6
ランキングで見るお宝銘柄5
ランキングで見るお宝銘柄4
ランキングで見るお宝銘柄3
ランキングで見るお宝銘柄2
次のテンバガーを探せ ランキングで見るお宝銘柄1
『株式ウイークリー』編集長が厳選
『米国会社四季報』徹底活用術
Part3 お宝銘柄を発掘する
米国経済をマクロで知る
億り人流、米国株投資の心得
AI、レアアース、アフリカ、ペット…
長期・積み立て投資の裏技
Part2|投信・ETFから始める
強気派に聞く、米国株はバブルか/武者リサーチ代表 武者陵司
慎重派に聞く、米国株はバブルか/経済評論家 山崎 元
投資に向けてまずは口座を開こう
インタビュー/個人投資家 桐谷広人
Part1|米国株の魅力を知る
まだ間に合う米国株超入門
ETFから穴株まで丸わかり
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内