有料会員限定

米国株の黄金時代は続くのか エピローグ|米国経済の未来と株価

印刷
A
A

新型コロナ禍や米中対立で混乱する世界、そして米国の行方は。

経済成長から長期で見た株価の上昇も期待できそうだ(Richard Perry/The New York Times)

特集「まだ間に合う米国株超入門」の他の記事を読む

新型コロナウイルスが依然として猛威を振るう中、米国株式市場は終息後を見据えて動き始めている。米国株は日本株と比較して圧倒的な上昇率だった。長期的に見た場合、米国株は今後も有望であり続けるだろうか。

株価というのは、長期的には企業が活動する国のGDP(国内総生産)に比例して動く。当たり前に聞こえるだろうが、この事実について多くの人が見過ごしている。

下図は1990年を基準にした米国株と日本株、そして両国の名目GDPを比較したものである。株価というのは将来の期待収益を反映するのでGDP成長率よりも株価上昇率のほうが高くなるが、基本的に株価はGDPに比例する。株価と名目GDPが連動するというのは経済学から論理的に導き出せる命題なので、高い成長が予想される市場を選択することは、重要な基本戦略といってよいだろう。

日本は90年代以降、事実上のゼロ成長が続いている。これは半ば構造的な要因であり、長期化する可能性が高いことは当時から指摘されていた。こうした分析結果に素直に従い、伸びる市場である米国株に投資した人と、国内株のみだった人との間には埋めようのない差が生じている。株価とGDPの関係が普遍的なものだとすると、各国の予想成長率の違いは、最も重要な判断材料になる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
まだ間に合う米国株超入門
エピローグ|米国経済の未来と株価
ランキングで見るお宝銘柄6
ランキングで見るお宝銘柄5
ランキングで見るお宝銘柄4
ランキングで見るお宝銘柄3
ランキングで見るお宝銘柄2
次のテンバガーを探せ ランキングで見るお宝銘柄1
『株式ウイークリー』編集長が厳選
『米国会社四季報』徹底活用術
Part3 お宝銘柄を発掘する
米国経済をマクロで知る
億り人流、米国株投資の心得
AI、レアアース、アフリカ、ペット…
長期・積み立て投資の裏技
Part2|投信・ETFから始める
強気派に聞く、米国株はバブルか/武者リサーチ代表 武者陵司
慎重派に聞く、米国株はバブルか/経済評論家 山崎 元
投資に向けてまずは口座を開こう
インタビュー/個人投資家 桐谷広人
Part1|米国株の魅力を知る
まだ間に合う米国株超入門
ETFから穴株まで丸わかり
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内