有料会員限定

ダウ平均予想&注目の35銘柄、業績好調で一段高も Part3 お宝銘柄を発掘する

✎ 1〜 ✎ 9 ✎ 10 ✎ 11 ✎ 最新
拡大
縮小

ストラテジストやアナリストにダウ平均予想とお薦めの銘柄を聞いた。

昨年のコロナショックを乗り越え、米国株は強気の相場が続く(Brittainy Newman/The New York Times)

特集「まだ間に合う米国株超入門」の他の記事を読む

「年内の開始が適当だ」。米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は8月27日、米カンザスシティー連邦準備銀行が主催した経済シンポジウム「ジャクソンホール会議」で、2020年3月に再開した量的緩和縮小(テーパリング)の開始時期を明言。金融緩和政策の見直しを明らかにした。注目されたジャクソンホールでのパウエル発言が市場の想定どおりだったこともあり、27日のNYダウ平均株価は3万5455.80ドル(終値)と前日比242.68ドル上昇した。

新型コロナ禍を受けて大量のマネーを市場に供給したFRBの政策変更により、今後の株価はどのように推移するのだろうか。21年末のNYダウ平均について、4人の専門家の見方は上昇と横ばいに分かれた(下表)。

上昇派はSBI証券の榮聡シニア・マーケット・アナリストとマネックス証券の岡元兵八郎チーフ・外国株コンサルタントだ。榮氏は、「FRBによるテーパリングで数%の調整が入る可能性はあるが、13年の経験からすれば一時的」と指摘。企業業績の好調さと個人の投資意欲の高まりを受けて、年末株価を3万8000ドルと予想する。岡元氏も、「9月から10月にかけて5%を超える調整があってもおかしくない」とするものの、企業業績の上方修正が相次いでいる点などから年末株価を3万7000ドルとみる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
まだ間に合う米国株超入門
エピローグ|米国経済の未来と株価
ランキングで見るお宝銘柄6
ランキングで見るお宝銘柄5
ランキングで見るお宝銘柄4
ランキングで見るお宝銘柄3
ランキングで見るお宝銘柄2
次のテンバガーを探せ ランキングで見るお宝銘柄1
『株式ウイークリー』編集長が厳選
『米国会社四季報』徹底活用術
Part3 お宝銘柄を発掘する
米国経済をマクロで知る
億り人流、米国株投資の心得
AI、レアアース、アフリカ、ペット…
長期・積み立て投資の裏技
Part2|投信・ETFから始める
強気派に聞く、米国株はバブルか/武者リサーチ代表 武者陵司
慎重派に聞く、米国株はバブルか/経済評論家 山崎 元
投資に向けてまずは口座を開こう
インタビュー/個人投資家 桐谷広人
Part1|米国株の魅力を知る
まだ間に合う米国株超入門
ETFから穴株まで丸わかり
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料法人プランのご案内