有料会員限定

過熱する社外取の奪い合い 3000人近くが不足!

印刷
A
A

コーポレートガバナンス・コードの改訂で、社外取締役不足が顕著に。

イラスト:髙栁浩太郎

特集「ガバナンス地獄 最後の審判」の他の記事を読む

昨年秋のこと、IT系企業の社外取締役を数社兼任している男性は、パソコンの前に座り、メールを眺めていた。いくつかの用件を処理した後、1通のメールを見てつぶやいた。

「また来たか。3日前に別の企業のを断ったばかりなのだが……」

そのメールは、ベンチャー企業からで、今年6月から社外取締役に就任してほしいというもの。親しくしているIT企業から紹介されメールしたという。

男性は、ある大手企業の役員を務めた後に引退、今は3社の社外取締役に加えて数社の顧問も務めている。

男性は、「確かに引退して時間はあるが、そんなに多くの会社の状況を把握したり、経営をチェックしたりするのは能力的に無理」と語り、「時期によって多いときには週に1回くらい依頼されるが、そのほとんどを断っている。どうしてもという場合は顧問かアドバイザーで我慢してもらっている」と明かす。

「3分の1規定」で不足

下図をご覧いただきたい。これは、日本取締役協会が「上場企業のコーポレート・ガバナンス調査」でまとめた、社外取締役と独立社外取締役の人数の推移だ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内