有料会員限定

不祥事企業をむしばむ悪弊 東芝、日本郵政、関電…機能しない社外取の共通項は

印刷
A
A

企業不祥事の裏には必ずガバナンスの形骸化がある。

(Syda Productions / PIXTA)

特集「ガバナンス地獄 最後の審判」の他の記事を読む

「2番と4番は否決、これで総会を終わります」

6月25日午後0時42分。東芝の株主総会は、綱川智社長がそう宣言し、あっさりと閉会した。事前の議決権行使で結果がある程度見えていたのか、挙手を求めはしたが、しっかりと票を数えた様子ではなかった。

「2番と4番って誰だっけ」。東京・高田馬場の会場に居合わせた183人の株主は互いに顔を見合わせた。招集通知書を改めて開くと、そこには「2番永山治、4番小林伸行」とあった。「取締役会議長と監査委員が否決されたぞ。東芝はいったいどうなるんだ」。会場に激震が走った瞬間だった。

だがそれでは終わらず、余震は続く。その日の夜、社外取締役に選ばれたばかりのジョージ・オルコット氏が辞任したからだ。

併せて、本来、社外取締役が就くはずの取締役会議長を、綱川社長が例外的に兼任することも発表された。東芝は「あくまでも暫定的であり、今後、綱川氏の後任選びを進める」としたが、会社提案の社外取締役2人が否決された影響の大きさを物語っていた。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内