「信頼性を維持し“三方よし"のサービスを作る」 インタビュー/ヤフー・メディア統括本部 中村塁

印刷
A
A

日本最大のニュースメディアが岐路に立っている。その”公共性”をめぐり、沸騰する議論を追った。

ヤフーのメディア統括本部、ニュースコンテンツ・サービスマネージャーで、コンテンツクリエイション部長の中村塁氏(撮影:尾形文繁)

特集「Yahoo!ニュースの「憂鬱」」の他の記事を読む

日本最大級のニュースプラットフォーム「Yahoo!ニュース」。記事を供給する報道機関など媒体社への影響力は極めて大きく、各社の事業成長を後押しする反面、PV当たり単価の決め方やヤフーオリジナル記事の制作・配信などをめぐっては、「ヤフー側の基準や考え方がわからない」と、メディア関係者の中で不信感もくすぶる。
スマートニュースなどのライバルも力をつける中、ヤフーニュースは今後どのような成長を目指すのか。また、媒体社側の不安に対しどう考えているのか。ヤフーニュースのコンテンツ分野の責任者を務める中村塁氏と、プラットフォーム事業者として官公庁などとのやり取りを担う政策企画本部の吉田奨氏に話を聞いた。

 

――スマートニュースやグノシーなど、ヤフーニュースの競合が力をつけています。その中でヤフーニュースはどのように戦っていますか。

コンテンツ担当・中村氏:ヤフーニュースが何を最も重視しているかといえば、ユーザーに信頼されるサービスであり続けることだと思っている。

PV(ページビュー=閲読数)など、数字面でどうこうという話も当然あるが、社内ではそれ以上に、ユーザーから信頼してもらうためにはどういうサービスであるべきかを議論している。その中で重要なキーワードになるのが「公共性」や「社会的関心」だ。

その2点を踏まえ、適切なタイミングで、できるだけわかりやすく、ユーザーの求めるコンテンツを提供していく。信頼を失ってしまえばビジネスは成立しないし、他サービスと比べて最も差別化したいポイントだ。

――「信頼」と言ってもいろいろあると思います。フェイクニュースを排除する、社会的に重要なニュースを確実に扱うこと、読者が読みたいものをそろえていることもあります。どの部分を指しますか。

次ページ「入り口」になる
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内