EC人材確保の「極意」 社内人材との融和がカギ

印刷
A
A

アパレルECで国内3位のベイクルーズ。強さの秘訣はどこにあるのか。

ベイクルーズは自社ECの売り上げが400億円に迫る勢い

特集「アパレル人材サバイバル」の他の記事を読む

コロナ禍でアパレルの実店舗への来客が急減した一方、ネット通販(EC)が増加している。各社ともEC拡大を受け採用強化に動いているが、どの業界でもデジタル人材への需要は多く、四苦八苦している。そうした中、EC強化のためにエンジニアらの採用をいち早く進めてきたのが、「ジャーナルスタンダード」などを展開するセレクトショップ大手のベイクルーズだ。

同社のEC売上高は5年前と比べ3倍以上に拡大し、コロナ禍でECシフトが加速した2020年8月期は全社売上高の約4割(510億円)を占める。これは実店舗を持つ国内アパレルのEC売上高ではユニクロ(20年8月期に国内EC売上高1076億円)とアダストリア(21年2月期に同538億円)に次ぐ規模だ。

ベイクルーズの最大の特徴は、販売手数料のかかるゾゾタウンなどの外部企業が運営するECモールに依存せず、7割超を自社のECサイトで稼ぐ点にある。事業を担う「EC統括」には約240人が在籍する。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内