有料会員限定

『株式ウイークリー』編集長が選ぶ 本命の主力株で勝負を Part2 相場に勝つ7大投資法|投資法1

印刷
A
A

業績復活で活躍が期待される主力株を相場テーマ別に厳選した。

日経平均株価は3万円を挟んで一進一退。振れ幅も大きいが、押し目買いのチャンスだ(撮影:尾形文繁)

特集「波乱に負けない! 上がる株」の他の記事を読む

景気回復が続くなら、企業業績も復活していくはずだ。Part2では、日本株と米国株への投資手法を7つの切り口で紹介する。まず、主力株の中から本命の10銘柄を厳選し(下表)、テーマ別に紹介したい。直近でチャートの形がよいものに絞った。

2021年度の日本企業の業績は米国がカギを握っている。バイデン政権の1.9兆ドルの経済対策が実施されれば、米国景気は大きく回復する。市場関係者が「米国プレー銘柄」と呼ぶ、売上高に占める米国向けの割合が高い企業の収益が向上していくはずだ。

人材サービス大手のリクルートホールディングスは、12年に求人情報検索エンジンの米インディード社を買収した。来期はインディードが牽引して増益転換予想。株価は上昇トレンドを維持している。PBR(株価純資産倍率)8倍台と割高だが、信用倍率が0.7倍台と好取組。これは、株を貸し借りする「信用取引」のうち、買い残高より売り残高が多い状態。株価上昇時に売り方の買い戻し(損切り)が発生し、株価をさらに押し上げる効果が期待できる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
波乱に負けない! 上がる株
四季報ランキング7
四季報ランキング6
四季報ランキング5
四季報ランキング4
四季報ランキング3
四季報ランキング2
四季報ランキング1
Part3 最新!四季報ランキング
インデックス投信の売り対象に?
投資法7|親子上場解消TOBで株価上昇
投資法6|生活目線で選ぶ投資先
投資法5|ショートスクイーズで株価は急騰
投資法4|米国株投資の魅力と今後
投資法3|世界の株高を牽引
富裕層の儲け方を先取り
投資法2|厳選銘柄への長期投資で勝つ
Part2 相場に勝つ7大投資法|投資法1
金は最高値更新、銅も9年ぶりの高値圏
ビットコインは1年で5倍に急騰
バイデン、1.9兆ドル刺激策の是非
Part1 相場を読む|「強気」派 マネックス証券 広木 隆
「慎重」派|さわかみ投信 草刈貴弘
波乱に負けない! 上がる株
注目の来期に急回復する企業
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内