有料会員限定

粉飾アレンジャー 不振企業に食らいつくハイエナ

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小

不正会計は大半が行き詰まる。そんな腐臭を嗅ぎ取り近寄ってくるのが海千山千の金融ブローカーらだ。富士バイオメディックス事件はまさにそうした事例に当たる。

富士バイオに入り込んだ吉富元税理士は逮捕後、「田内貴士」の偽名で暗躍した

今年1月15日、ある詐欺事件の判決が東京高裁で言い渡された。実刑7年の地裁判決を不服とし控訴していたのは元税理士の吉富太可士被告。一審では自らの行為を正当化しようと多弁に振る舞っていたが、裁判官に受け入れられることはなかった。この日の二審判決も同様。控訴は棄却。現在、上告中だ。

吉富元税理士が罪に問われているのは医療法人「徳友会」を舞台とする不正リース事件である。2012年5月、「田内貴士」なる偽名工作の末に吉富元税理士が影響下に置いた徳友会は、総額10億円の医療機器リース契約を結んだ。が、その際、リース会社に提出した購入時の見積書は、キヤノンマーケティングジャパンの社員らと共謀し、金額を水増ししたもの。実際の購入額との差額約6億円は別の医療法人の買収などに流用された。14年5月に徳友会は破産。逮捕劇は18年7月のことだった。

実は犯行があった当時、吉富元税理士は上場企業をめぐる粉飾決算事件で有罪判決を受け、執行猶予中の身だった。11年5月に摘発された富士バイオメディックスの粉飾事件がそれだ。この事件で注目されたのは外部の協力者が経営陣に対し粉飾の手口を指南していた点である。当時、捜査当局は吉富元税理士らを暗に指し「粉飾アレンジャー」と呼んでいた。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内