東大特別栄誉教授・小柴昌俊氏を悼む 2008年の『長老の智慧』インタビューを再掲

印刷
A
A

東京大学特別栄誉教授の小柴昌俊氏が11月12日に亡くなった。94歳だった。小柴氏は、超新星爆発で放出されたニュートリノを世界で初めて検出するなど、素粒子物理学で大きな功績を上げ、2002年、ノーベル物理学賞を受賞した。週刊東洋経済では2008年に小柴氏にロングインタビューを行い、『長老の智慧』で5週にわたって連載。その5回を再録します。

小柴氏は2002年にノーベル物理学賞を受賞した。写真は2008年(撮影:鈴木紳平)

特集「覧古考新」の他の記事を読む

第1回「理論と実験は科学の両輪、一流の理論家は限界を知る」
第2回「基礎科学は先が読めない、考え抜いてヤマ勘を磨く」
第3回「成功率を高めるために複数のテーマを用意した」
第4回「リーダーは目標を示して、あとは若手に任せてみよう」
第5回「筆記試験では測れない能動的な能力こそが大事」

第1回
理論と実験は科学の両輪
一流の理論家は限界を知る

物理学の実験家として世界的な業績を上げてきた小柴博士。数々のプロジェクトを指揮し、多くの人材を育ててきた博士の言葉には多くの箴言(しんげん)がある。世界の頭脳が語る科学のあり方とは。

 

若いときの僕は決して優等な成績ではありませんでした。東大の物理学科はビリに近い成績で出ました。学生時代は生活するのに精いっぱいでアルバイト暮らしでした。ただし留学した米ロチェスター大学では研究漬けの生活を送り、1年8カ月で博士号が取れました。学位を取れば給料が上がる。それが大きなモチベーションになりました。目標がはっきりすれば一生懸命やるタイプなんでしょうね。

物理屋には理論家と実験屋の二つのタイプがあります。科学では理論がいくらきれいであっても、それが真実だとは断定できません。実験をしてみて、その理論が正しいことを検証する必要があります。どんな最先端の理論も実験で証明されなければ、あくまでも仮説です。つまり理論と実験は、互いに補って科学を成り立たせているわけです。

一流の理論家というのは実に謙虚です。自分はこういう精緻な理論をつくった、しかしそれですべての事象が説明できるなんて考えていない。本物の理論家は、理論の適用限界をいつも意識しています。しかし、二流の理論家は、自分のモデルで何でも説明できると思い込んでいる。一流に比べて二流のほうが、うんとたくさんいるのが実情です。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
覧古考新
「今の日本は日満議定書における満州のようなもの」
1984年6月9日号、6月23日号より
1953年のロングインタビュー
1984年に小倉昌男社長が語った「将来は流通業」
「客から仕様の注文があったら、もう遅い」
ホンダ創業者が1954年に語った独自の哲学
松下幸之助氏と永野重雄氏の1969年新春対談
1983年8月27日号で語ったサントリーの生き方
1958年5月24日号で語った廉売合戦への危惧
4男・渋沢秀雄氏が語った大実業家の素顔(上)
4男・渋沢秀雄氏が語った大実業家の素顔(下)
「自由主義経済の経営理念」とは?
山下社長が1983年7月16日号で語ったこと
「菓子屋が政治的圧力を利用して商売できる時代ではない」
1970年2月28号で語った「東京進出作戦」
1953年9月19日号で語ったドイツとの比較
1965年5月1日号「この人にこの問いを」
日本のハンバーガー文化はここから生まれた
1977年に堺屋太一氏が描いた「組織と個人」
稲葉清右衛門「ついてこれない人はやめてもらって結構」
1985年、ファナック社長が語っていたこと
1988年に語った「ヒューマン・ルネッサンス」の経営
ラストバンカー西川善文氏を悼む
過去のインタビューを再掲
東大特別栄誉教授・小柴昌俊氏を悼む
2008年の『長老の智慧』インタビューを再掲
『ジャパン・アズ・ナンバーワン』エズラ・ヴォーゲル氏を悼む
2019年のインタビューを再録
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内