有料会員限定

トランプ再選なら習近平有利 警戒すべきはまさかの失脚

印刷
A
A

世界に大きな影響を及ぼす米中関係の今後は、両国のリーダーが誰になるかで決まる。

米国の大統領選挙まであと2カ月。よほどの異常事態とならない限り、現職のトランプ大統領か野党・民主党のバイデン前副大統領のどちらかが2021年1月20日に就任式を行うことになる。一方の中国については、習近平国家主席が生涯権力を掌握し続けるとの見方がもっぱらだ。確かに中国最高指導者の交代は一見すると考えにくいが、ありえないことではない。というわけで、今後の米中関係については次の4つのシナリオを考えておかなければならない。

第1は、バイデン氏が大統領となり、中国では習近平体制が長期にわたって続くシナリオだ。バイデン氏は今年、外交専門誌『フォーリン・アフェアーズ』に寄稿し、米国の世界的なリーダーシップおよび同盟関係の修復を外交上の優先課題に掲げた。バイデン氏が大統領になれば、扇情的な中国攻撃を目にする場面は減ってこよう。

ただし産業・外交政策をめぐる対中強硬姿勢は今後も維持される。米国が自由な世界秩序の再建に本腰を入れ始めると、世界覇権を狙う中国の企ては制約を受ける。結果的に米国の足場は強まり、中国憎しの被害妄想も和らぐだろう。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内