有料会員限定

「トランプ」vs「TikTok」激動の全内幕 マイクロソフトとの買収交渉は実るのか

✎ 1〜 ✎ 33 ✎ 34 ✎ 35 ✎ 最新
拡大
縮小
(REUTERS/Dado Ruvic)

「われわれはTikTokをアメリカで禁止しようとしている」。

もしトランプ大統領がその言葉通りにできるなら、彼は張一鳴(チャン・イーミン)にいかなる交渉の余地も与えないだろう。動画アプリのTikTokはアメリカから追い出されるか、もしくはそのすべてが張一鳴の不倶戴天の敵であるFacebookのマーク・ザッカーバーグに売り渡されるかだ。

TikTokの親会社バイトダンス(北京字節跳動科技有限公司、ByteDance)の創業者、CEOである張一鳴は、この二者択一の窮地を受け入れず、第三の活路を見つけ出した。

バイトダンスの創業者、張一鳴CEO(写真:REUTERS/Dado Ruvi)

バイトダンスに「第三の活路」

マイクロソフトの創業者ビル・ゲイツの仲介のもと、バイトダンスはマイクロソフトと、TikTokの北米チームが運営するアメリカ、カナダ、オーストラリアとニュージーランドの4カ国での事業のすべて、もしくは一部をマイクロソフトに売却する交渉を行った。

バイトダンスは中国で海外への展開に最も成功したインターネット企業であり、グローバルなプライベート・エクイティ市場で最も評価額の高い企業だ。TikTokは海外におけるその核心を成すアプリで、世界中の154の国と地域に普及しており、月間アクティブユーザーは8億人を超える。もしTikTokを失えば、バイトダンスの海外展開は不可能となり、その評価額は大幅に縮小することだろう。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内