有料会員限定

揺れるテック業界の行方 ユニコーン

印刷
A
A

ベンチャー投資の機運は今、世界的にみると、曲がり角を迎えている。きっかけは、シェアオフィス「ウィーワーク」を運営する米ウィーカンパニーが2019年9月末に上場計画を撤回したことだ。

19年の投資マネーにおいて、ソフトバンクグループ(SBG)傘下の「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」(SVF)の影響力は見逃せない。米国でのベンチャー投資額が年間約7兆円という中で、同ファンドの規模は約10兆円と莫大。企業評価額10億ドル超の未上場企業「ユニコーン」を中心とした投資先の評価額は跳ね上がった。出資先ベンチャーの経営者の間では、新規株式公開(IPO)をしなくても1000億円超を調達できることから、SBGの孫正義会長兼社長にちなんで、「MASA IPO」と呼ばれている。

そんな孫氏がとりわけ目をかけたのがウィーだ。SBGはSVFを含めて、ウィーに累計約100億ドルを出資。19年1月の追加出資後は、企業価値が470億ドルとされた。「サブスクリプション」や「シェアリングエコノミー」、「不動産テック」など、ベンチャー投資かいわいでははやり言葉が横行する。そんな中で、ウィーの創業者であるアダム・ニューマンCEOのプレゼンテーションの迫力に圧倒される人は少なくなかった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内