有料会員限定

ヤフー・LINE「世界飛躍」のカギを握る10人 第5回 米中の巨人から見ればはるかに小さい

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 5
拡大
縮小
11月18日の記者会見後にヤフーとLINEの経営幹部10人で撮影。ヤフーの川邊健太郎社長がツイッターに投稿した。この10人は、経営統合後に設置する「プロダクト委員会」のメンバーだ。CWOはChief WOW Officer、CSMOは最高戦略・マーケティング責任者

特集「ヤフー・LINE「統合」の衝撃」の他の記事を読む

「最強のOne Teamを目指す」ーー。11月18日に開いた経営統合の会見で、ヤフーの川邊健太郎社長はそう意気込みを示した。ヤフーの国内月間利用者は約6700万人、LINEは約8200万人。日本国内のネット事業で圧倒的な顧客基盤を持つ2社が手を組んだ。

ヤフーを傘下に持つZホールディングス(ZHD)とLINEは経営統合で基本合意。来年10月をメドにLINEはZHDの傘下に入る。現在のZHDとLINEの親会社であるソフトバンク、韓国NAVERとともに、AI(人工知能)、検索、通信、広告、決済など、さまざまな分野での協業を進める。

(出所)Zホールディングスの公表資料等を基に東洋経済作成

巨大テック企業とケタ違いの差

ヤフーはネットメディアとして、LINEはメッセンジャーとして国内で盤石の地位を築いてきた。その存在感は日本で一段と高まりそうだが、世界展開では入り口に立ったにすぎない。

川邊氏とともに統合後にZHDの共同CEOに就くLINEの出澤剛CEOは18日の会見で、「日本やアジアを足場に、最高の利用者体験、社会課題の解決で全世界をリードするAIテックカンパニーになりたい」と語った。統合後はAI領域へ、年間1000億円規模の開発投資を行っていく予定だ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内