有料会員限定

豊田家のルーツ 「豊田章男 100年の孤独」 第28回

印刷
A
A
(撮影:風間仁一郎)

「今になって、やっぱり豊田の名前がいいと思う」

豊田章男は、ルーツを大切にする。

「小さい頃は、名前が負担でした。小中学生の頃は、『どうせ社長の息子』『豊田の名前があるからできる』といわれ続け、自分自身を見てほしいと思っていました」

とは、彼の言葉で、次のように続く。

「ただ、今になって、『ほかの名前で人生をやり直しますか』といわれたら、やっぱりこの名前がいいと思います」

心境の変化には、人知れぬ葛藤があった。今の彼は、豊田の名前での人生を完全に受け入れ、肯定的に捉えている。

彼の人生には、望むと望まざるとにかかわらず、豊田の名前が大きな影響を与えてきた。彼を知るには、豊田家を知らなければならない。豊田家なくしてトヨタはなく、章男もない。そのルーツをたどってみよう。

トヨタグループの始まりは、静岡県だ。

2019年8月、私は湖西市山口にある豊田佐吉記念館を訪れた。東海道新幹線を浜松駅で降り、浜名湖を眺めつつ車で約45分。豊田佐吉記念館は、青葉の茂る裏山を背に立ち、門の前には、色づき始めた田が一面に広がっていた。人通りは少なかった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内