有料会員限定

米中ハイテク摩擦と台湾企業、技術流出めぐる水面下の暗闘 台湾ルポ! 両大国の間で板挟みの鴻海、TSMC

印刷
A
A

ハイテクの進化を目指す中国は、台湾経由で米国企業の情報を狙う。

中国に大半の工場を置く鴻海精密工業の郭台銘董事長は米国での工場建設を発表。トランプ米大統領と接近図る(Getty Images)

特集「チャイナ・スタンダード」の他の記事を読む

ハイテク覇権をめぐる米中間の対立が激化していた昨年末、台湾産業界に激震が走った。

2018年11月、米国のジェフ・セッションズ司法長官(現在は退任)がワシントンで記者会見を開き、台湾の大手半導体受託製造企業である聯華電子(UMC)と同社の関係者3人を「経済スパイ法」で起訴したと発表したのだ。

UMCは1980年に台湾経済部(経済産業省に相当)所管の工業技術研究院から派生して生まれた台湾を代表する半導体メーカーだ。16年、UMCは中国の国有半導体メーカー・福建省晋華集成電路(JHICC)とメモリー半導体DRAMの製造開発に関する契約を締結。UMCは技術供与を行った。ところがその中心メンバーが、JHICCの事業で利用するために、過去に在籍していた米半導体大手マイクロン・テクノロジーの台湾法人で機密情報を盗んでいたとの疑いが出たのだ。

「会社として意図して米国企業の技術を窃取し、流出させたわけではない。米国企業の技術を欲しがる中国に利用された。われわれも被害者だ」。UMCの幹部は本誌記者にそう訴えた。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
生保レディ、昇格しても固定給が下がる理不尽
生保レディ、昇格しても固定給が下がる理不尽
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内