有料会員限定

九州はパンケーキで稼ぎ上信越3県は「豪雪」を売る 「稼ぐ地方」に変える処方箋1/自治体の枠にとらわれない事業を作れ

印刷
A
A


地域おこしは自治体の枠を超える必要がある。民間主導の広域連携が地域の活力を引き出す。

宮崎発の「九州パンケーキ」。イオンモール宮崎内の店舗

特集「地方反撃」の他の記事を読む

衰退する地方をどう活性化するか。地方の経済振興を図ろうとするとき、地元の農産物は時に強い武器になる。いわゆる6次産業化(1〜3次産業の掛け合わせ)の成功例が、宮崎発の「九州パンケーキ」だ。

九州の地元食材にこだわったパンケーキ(ホットケーキ)が好評で、同名のカフェは九州に5店舗、台湾とシンガポールに1店舗ずつ。家庭向けのパンケーキミックス(ホットケーキ粉)はネットや関東の一部スーパーで販売されている。農産物の高付加価値化の成功例として、食品業界関係者からも注目されている。

ある平日の昼下がり、宮崎市内のイオンモールの一角にある、九州パンケーキの店舗。ほのかな甘い香りに包まれた店内では、客の女性たちがフルーツやホイップクリームで彩られたパンケーキを口にし、笑顔を見せていた。

「徹底的に九州にこだわった」。九州パンケーキを開発した有限会社一平の村岡浩司代表取締役の言葉どおり、大分産の小麦を中心に、宮崎産の発芽玄米、鹿児島産のうるち米、福岡産の赤米など九州各地の素材を用いた。雑穀の風味が感じられる、ふわふわでもちもちの食感が好評だ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内