有料会員限定

上り調子はソニーだけか 電機

印刷
A
A

10年以上続いた「冬の時代」にようやく区切りをつけ、電機業界各社はそれぞれの成長軸を見定めつつある。ただ、2018年3月期には大手8社中6社が過去最高益に沸いたが、一転して今19年3月期以降は明暗が分かれそうだ。

特集「変容を迫られるニッポン株式会社」の他の記事を読む

今期も最高益更新見込みと好調が続くのはソニーだ。利益面で全体を牽引しているのは、家庭用ゲーム「プレイステーション(PS)」を展開するゲーム事業。「PS4」も発売から5年目で販売台数はピーク時の約9割と底堅いが、それ以上に稼ぐのが、月8000万人超の利用者を誇る会員制サービスである。ネット対戦で遊ぶ場合に加入する月額利用料514円(税込み、日本版)の「プレイステーションプラス」の貢献が大きい。19年内とされるプレステ次世代機の投入時、会員増が続くかが焦点だ。

ゲームや音楽事業などで継続的収益モデルへの転換が進むソニー。2期連続最高益更新も堅そうだ(撮影:尾形文繁)

また音楽事業では18年11月にロックバンド「クイーン」など、200万曲超の版権を持つ英音楽出版社を追加買収したことによる上乗せ効果が大きい。スマホ向けセンサーを中心に展開する半導体事業でも、スマホ1台当たりのカメラ数が増加していることで出荷が拡大しており、設備投資コストがかさむ中でも高成長が期待できそうだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
平気で「おにぎり」を買う人が知らない超残念な真実
平気で「おにぎり」を買う人が知らない超残念な真実
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
変容を迫られるニッポン株式会社
クレジットカード
保険|「デジタル化で保険の事業モデルは激変」
損害保険
生命保険
平成の教訓|証券|「ブロックチェーンで再び革命を起こす」
フィンテック
銀行|「金融界に3つの波、異業種と提携加速」
銀行
平成の教訓|コーポレートガバナンス
平成の教訓|倒産
バイオ|「投資家が納得する事業モデル構築を」
平成の教訓|製薬|創薬はエベレスト登頂ほど難化
製薬
平成の教訓|化粧品|小売りが大きく変化した30年
酒類|「『ドライ』は変えない、飲み方提案を強化」
酒類
食品|「家庭内消費は激減、高単価路線が必須」
食品
外食|「客は価値あるものにおカネを惜しまない」
外食
通販|「ECは脅威でない 紙の露出を増やす」
家電量販店|「店舗とネットのオムニ戦略が重要」
家具・雑貨
アパレル
百貨店|「顧客に寄り添った『物語』が必要に」
百貨店
スーパー
コンビニ
平成の教訓|流通|「規模を求めるな、壁を破り続けよ」
通信
工作機械
平成の教訓|精密機器|「業態転換のカギは新事業への貪欲さ」
電子部品
半導体
電機|「タイムマシンだってネットで実現できる」
平成の教訓|電機
電機|「AV機器で大手に伍するブランド作る」
電機
配車サービス
平成の教訓|自動車
自動車
IT|「低リテラシー層はポスト平成に激減」
IT|「相手は米中テック企業 AI、金融に勝機あり」
IT
GAFA
ゴーン氏逮捕、私はこう見た(2)作家 江上 剛
ゴーン氏逮捕、私はこう見た(1)神戸大学大学院教授 三品和広
検証ゴーンショック
検証 ゴーンショック|「グローバル経営道半ば 人材不足の日本企業」
変容を迫られるニッポン株式会社
»»PART Ⅰ 国内産業
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内