世界でここにしかないパークを作り上げる 第1回 上西社長が語る「2500億円投資」の狙い

印刷
A
A
ディズニーシーの大規模拡張プロジェクトについて語る上西京一郎オリエンタルランド社長(撮影:尾形文繁)

特集「東京ディズニーリゾート新時代」の他の記事を読む

2022年に開業する東京ディズニーシー(TDS)の大規模拡張プロジェクトを発表したオリエンタルランド。東京ディズニーランド(TDL)とTDSに隣接する駐車場を転用し、4つのアトラクションで構成される新エリアと、最上級の部屋を有するパーク内ホテルを新設する。2500億円の巨額投資に踏み切った狙いは何か。オリエンタルランドの上西京一郎社長に聞いた。

「第3のパーク」の構想はなかった

──TDS拡張プロジェクトの経緯は?

計画が始まったのは2014年。しかし、最終的な計画がまとまるまでには、さまざまな経緯があった。

当時、10年後の東京ディズニーリゾート(TDR)がどうあるべきかという構想を描いた。それは、2014年度の期初計画で年間2800万人だった入園者数を、10年かけて年間3000万人にするというもの。その前提で描いていたTDSの初期の投資計画は、北欧をテーマにした1つの新エリア(テーマランド)をディズニーシーの敷地内に作り、『アナと雪の女王』のアトラクションを新設するというものだった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内