有料会員限定

フクヤマが警鐘鳴らす 民主化への流れが逆行

印刷
A
A

自由で民主的な国際秩序が揺らぎ始めた世界を、『歴史の終わり』などの著作で知られる政治学者フランシス・フクヤマはどう見るのか。

国際政治学者のフランシス・フクヤマ(65)。米スタンフォード大学でシニアフェローを務める(Getty Images/NurPhoto)

トランプ米政権の登場や、欧州各国での右翼勢力の台頭あるいは左派ポピュリズムの躍進で、戦後世界を支えてきた自由で民主的な国際秩序の将来を危ぶむ声が聞かれる。欧米の混乱を尻目に、中国やロシアの権威主義体制が勢いを増している気配だ。

実際、中国やロシアに隣接する東南アジアや東欧では、軍事政権が復活したり(タイ)、強権的権威主義体制に移行したり(ポーランド、ハンガリー、カンボジアなど)する国がいくつも見られる。約30年前のベルリンの壁崩壊による冷戦終結前後から始まった、世界的な民主化の流れを考えると、時代は逆行しだしたようだ。

そんな時代背景の中で筆者は、「(フランシス・)フクヤマは今、どう考えているのか」という問いかけを受ける。著書のいくつかを筆者が邦訳し、交友もあるためだ。真摯に問う声もあれば、皮肉交じりの場合もある。後者は、フクヤマが冷戦終結前後に唱えた「歴史の終わり」論への当て付けだが、多分に誤解もある。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内