有料会員限定

異常気象の真因を探る 集中豪雨や巨大台風

印刷
A
A

温暖化が引き合いに出されるが、個々の気象現象はそう単純ではない。

7月に発生した九州北部豪雨。流れてきた土砂や流木で被害が広がった(福岡県朝倉市)(時事)

2017年は天候変化がめまぐるしい。関東地方では空梅雨かと思えば8月の低気温と長雨。7月はじめに九州北部地方を襲った豪雨も記憶に新しい。今夏は沖縄・奄美地方での異常な高温、東北地方にまで及んだ台風もあった。

よく異常気象の原因として地球温暖化が挙げられる。確かに過去100年の月平均気温の推移を見ると、最高気温はそれほど上がっていないが、最低気温は明らかに上昇している。さまざまな天候の異変はなぜ起こるのか、温暖化はどこまで影響しているのか。

台風は昔のほうが強い

本格シーズンを迎える台風。発生頻度が高まり、大型化している印象があるが、実はそうでもない。「台風に関しては、上陸時の勢力はむしろ昔のほうが強い」と気象庁予報部アジア太平洋気象防災センターの石原洋予報官は言う。

8月4日に日本に上陸した台風5号は、7月21日に太平洋で発生してから秋田県沖で温帯低気圧に変わるまで18.75日と史上3番目の長寿命台風だった。が、最長寿は1986年の14号、2位は72年の7号と、30年以上も前だ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
平気で「おにぎり」を買う人が知らない超残念な真実
平気で「おにぎり」を買う人が知らない超残念な真実
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内