有料会員限定

相次ぐ損壊 見抜けぬ不具合 太陽光発電の落とし穴

印刷
A
A
2017年7月の九州北部豪雨による太陽光発電設備の被害(福岡県東峰村)

特集「太陽光発電 進化への正念場」の他の記事を読む

「メンテナンスフリー(メンテナンスの必要なし)」と喧伝されることの多かった太陽光発電設備。だが今、その不具合や事故に注目が集まっている。

政府の消費者安全調査委員会は9月22日、住宅用太陽光発電設備の火災事故に関する調査結果を公表した。消費者庁の事故情報データバンクに登録された102件に上る太陽光発電設備の事故のうち、原因調査中・不明を除く58件を分類したところ、太陽電池モジュール(一般に太陽光パネルといわれるもの)または配線からの発火が8件あった。その中には、住宅の屋根に設置されたパネルからの火災も含まれていた。

「太陽光パネルの火災リスクは無視できない」

そう語るのは、太陽光発電所ネットワーク(以下、PVネット)の都筑建・代表理事だ。PVネットは昨年6月から今年9月にかけて、会員宅の太陽光パネルに内装されている「バイパスダイオード」を専用の機器を用いて調査した。その結果、対象159件のうち7件(パネル数は13)で故障を見つけたことを、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が9月21日に開催した報告会で発表した。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内