有料会員限定

楽天、ヤフーの追撃策 独走を止められるか

印刷
A
A

「この市場は勝者総取り。1位でなければ、2位も100位も同じだ」──。メルカリの小泉文明社長はそう言い切る。数年前に生まれたばかりのフリマアプリ市場は、2016年に3000億円を超えるまでになった。しかし、小泉社長の言うように実際に2位以下は厳しい。メッセンジャーアプリで国内首位のLINEは、13年末に開始したフリマサービス「LINE MALL」を16年5月に終了し、「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」を運営するスタートトゥデイの「ZOZOフリマ」も、今年6月に撤退した。メルカリの独走が続く中、2位以下のライバルたちは必死に対抗策を講じている。

今、メルカリを最も意識しているのが楽天だ。もともとは14年11月から独自に「ラクマ」を展開していたが、16年9月に同業の「FRIL(フリル)」を運営するFablic(ファブリック)を買収した。フリルはメルカリよりも1年早くフリマアプリサービスを始めた、業界の先駆者である。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内