有料会員限定

疑問だらけの「安倍改憲案」 自民党内からも異論噴出

✎ 1〜 ✎ 54 ✎ 55 ✎ 56 ✎ 最新
拡大
縮小

安倍晋三首相が突然、独自の憲法改正案を打ち出した。憲法9条に自衛隊の位置づけを示す条項を加えるという。東京五輪・パラリンピックが開催される2020年には施行したいという「期限」まで明示した。しかし、「安倍改憲案」は、その中身も手続きも疑問だらけで、野党だけでなく自民党内からも批判が出ている。与野党の議論はかえって混乱しかねない情勢だ。

安倍首相は5月3日の憲法記念日に開かれた改憲派の集会にビデオメッセージを送り、憲法9条の1項(戦争放棄)と2項(戦力の不保持)は変えず、新たに自衛隊の位置づけを明確にする3項を設けるべきだという考えを強調した。また、教育無償化に絡んで憲法を改正する必要があるとの見方を示した。

安倍首相は12年末に再登板した際、憲法改正の考えを明確にしたが、その後、野党などから「憲法改正の発議は、国会が行うと憲法で規定されている。首相が改憲を主導すべきではない」という批判が相次いだ。これを受けて安倍首相は「衆参両院の憲法審査会での議論を見守る」という姿勢を維持してきた。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内