有料会員限定

アメリカは世界の縮図、ここで勝たなきゃダメ [INTERVIEW]メルカリ・山田進太郎社長

印刷
A
A

フリマアプリ「メルカリ」社長の野望

日米累計ダウンロード数は6000万、1日に100万点以上が出品されるフリマアプリ「メルカリ」(2016年9月時点)。大手の撤退も相次ぐ市場で、なぜ独り勝ちしているのか。創業者であり社長の山田進太郎氏に聞いた。

やまだ・しんたろう●早稲田大学在学中に楽天で「楽オク」を立ち上げる。卒業後、ウノウ設立。数々のネットサービスを立ち上げ2010年同社を売却、12年退社。13年2月にメルカリ(旧コウゾウ)を創業。(撮影:梅谷秀司)

特集「2017年注目の企業とトップ」の他の記事を読む

──従来のECやオークションサイトとは違う、新しい消費スタイルを生み出しているように見えます。

雑貨、食品、ゲームアカウントまでジャンルは超多様

そもそもが、ヤフオクでもアマゾンでもない市場を作りたいと思っていた。実際メルカリには、トイレットペーパーの芯やどんぐりまで出品され、バッグや財布はボロボロの状態でも売れていく。これまでは捨てられていたようなものに、ユーザーが価値を見いだしている。

──ヤフオクとの明確な違いは何でしょうか?

細かい機能面はさておき、ヤフオクが当時パソコン(PC)という限られた人向けのデバイスに最適化して作られたのに対し、メルカリはスマートフォンという皆が身に着け使っているデバイスを前提に作っているところだろう。サービスの広がり方がスマホならではだ。 

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
2017年注目の企業とトップ
食品
トイレタリー・化粧品
バイオ
ドラッグストア
医薬品
ホームセンター
外食
人材サービス
ブライダル
スーパー
娯楽
コンビニ
百貨店
アパレル
衣料小売り
[INTERVIEW]ニトリHD・似鳥昭雄会長
自動車部品
タイヤ・ゴム
自動車
テレビ
通信サービス
パッケージソフト
SI・ソフトウエア
家電量販店
半導体製造装置
産業機械
事務機器
電子部品
建設機械
民生エレキ
総合電機
電力・ガス
重電
鉄道
物流・倉庫サービス
海運
陸運
総合商社
航空
戸建て
住宅設備・機器
不動産・都市開発
マンション
紙・パルプ
建設
鉄鋼
非鉄・電線
化学
▶▶Part5 ビジネス/2017年注目の企業とトップ
[INTERVIEW]メルカリ・山田進太郎社長
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内