有料会員限定

地方の「自立」を促す中国政府の財政改革 変わらぬ放漫に改革派大物財務官僚の置き土産

印刷
A
A

中国が地方政府の債務増加に歯止めをかける方針を発表。中央政府による救済を否定し、金融危機対策で膨らんだ地方債務問題の解決を図る。

米国ワシントンの国際会議で話す楼継偉・前財政部長。改革派官僚として国際的に注目されてきた(AP/アフロ)

中国の改革派官僚の大物として知られた財政部長(財務相に相当)の楼継偉氏が、11月10日に離任した。中国経済の構造問題に関する歯に衣着せぬ発言で国際的に注目された。財政改革に多くの実績を残した楼氏の置き土産が「地方政府の債務リスクへの緊急対応プラン」(11月14日に公表)だ。

このプランは、地方政府の債務リスクが金融システムの危機につながらないようにすることを目的としている。地方政府の債務急増に関して、楼氏は在任中に何度も警告を発していた。国務院のプランでは、「地方政府が返済すべき債務に対して、中央政府は救済処置を取らない」という原則が明確にされている。これは楼氏の「地方政府の債務は地方政府自身が負うべきもの」という考えを反映したものだ。

中央政府のリスクで地方が借り入れ競争

長きにわたって、中国では政府が破綻するという先例がなかった。省レベルの地方政府の債務は、金融機関にとって基本的にはノーリスクの債権だった。そして、最終的に一切のリスクは中央政府が引き受けてきたのである。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内