有料会員限定

一段と加速する年になる ネットと大企業の連携が

印刷
A
A

[SPECIAL INTERVIEW]藤田 晋 サイバーエージェント社長

かつてのパソコンや従来型携帯電話(ガラケー)の時代を経て、今ではスマートフォンが全盛だ。ネット業界では変化の波にうまく乗り続けることが不可欠。1998年に創業し、幾度も業界の浮き沈みを乗り越えてきたサイバーエージェントの藤田晋社長に聞いた。

ふじた・すすむ●1973年生まれ。青山学院大学卒業後、98年サイバーエージェント設立、社長就任(現任)。2000年東証マザーズ上場。14年東証1部へ市場変更。新経済連盟理事を務める。(撮影:今井康一)

特集「ビジネス」の他の記事を読む

──ベンチャー企業をめぐる投資環境について、2015年初めには「バブルになっている」と指摘しました。

あれでだいぶ市場を冷やしたところがある。平静に戻った感じ。ただ、これだけ事業のチャンスが少ない時期にしては、多くのベンチャー企業の時価総額が割高だ。

市場のポテンシャルが1000億円しかないのに、おカネは数千億円あるというイメージだ。ベンチャーキャピタルの資金が過剰に流れ込み、一部の人気ベンチャーに投資が集中している。

──現在の起業環境をどう見ていますか?

新規事業の種が極めて少なくて、かなり厳しい時期だ。過去にはすごくいい時もあって、スマートフォンが出てきた頃、そこらへんの大学生がアプリを作っただけで、すぐに投資をしてもらえた。そうしたことをきっかけに会社が大きくなるケースもあった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
ビジネス
百貨店
海運
化学
電力・ガス
医薬品
飲料
外食
コンビニ
スーパー
ネットと大企業の連携が
証券
銀行
保険
空運
航空機
鉄道
ゼネコン
陸運
鉄鋼
建設機械
工作機械
石油
総合商社
マンション
不動産
ネット広告
ゲーム
デフレマインド払拭へ
通信
放送
電子部品
半導体
電機
重電
自動車
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内